PAGE
TOP

CDNって聞いたことある?SEOにも影響するの??|株式会社market(マーケット) 大阪市 空間デザイン(ディスプレイ) グラフィックデザイン WEBデザイン

STAFF BLOG
スタッフブログ

Menu

PHIROSOPHY SERVICE PERFORMANCE NEWS BLOG COMPANY CONTACT TOP

CONTACT

709 view|

CDNって聞いたことある?SEOにも影響するの??

かよう

2021年も早1カ月が経過しましたね。
年々月日が早く過ぎ去っていく気がします。 (((;゚Д゚))ヤメロ

さて、今回のテーマはCDNです。
みなさんはこの「CDN」という言葉は聞いたことありますか?
詳しい内容は後に記述するとして、簡単にいうとWebなどのコンテンツを配信するために利用される仕組みなどのことを言います。

CDNは私たちの身近なところでも多く利用されており、様々なメリットがあります。
また2018年のGoogle検索アルゴリズムアップデートにおいて、Webサイトの表示速度がランキングに影響するとも言われています。
そんなしておきたいCDNについて、運用を考えている方は是非参考に。

1.おしえて!CDNって何?

まずはCDNって何のことなのでしょう?
CDNとは、「Content Delivery Network(コンテンツデリバリーネットワーク)」の各頭文字をとった言葉です。
冒頭に記載したように、Webなどのコンテンツを最適に配布するための仕組みで、利用するユーザーが円滑にサイトを閲覧したりするのにもっとも効果が期待できる技術です。

1-1.CDNのしくみ

ではそんなCDNって仕組みについて気になるとこですね。
簡単に説明すると、オリジンサーバーのような本来のサーバーの他に違うサーバを用意して、そこにデータをキャッシュさせて、オリジンサーバーの負荷を下げて閲覧速度を上げるという仕組みとのことです。
この仕組みはまだまだ今ほどネットワークが発達していない1990年代にアメリカの会社「Akamai」によって提唱されたとされていますが、そんな数十年も前から考えられてきた仕組みということにびっくりですね。
以降数多くのサイトが動画配信など大容量のデータ配信を円滑にするために利用されているようです。

また、一人一台スマートフォンを持っているような昨今、各OSのアップデートが一斉に行われるようなサーバに大変な負荷がかかる場合においても利用されています。
5Gやら通信技術が進歩してきてるとはいえ、まだまだ必要な技術であることは間違いありません。

2.CDNのメリットデメリット

前述のとおり、サーバーの負担を軽減しながらユーザーは迅速にデータを受け取れるってことはメリットしかないのでは?と思われますがデメリットもあります。
この章ではそんなCDNのメリットとデメリットのご紹介です。

2-1.CDNのメリット

メリットが多いとされるCDN。
そんなCDNの利点を詳しくご紹介します。

  • サーバーの負荷を軽減する
    サーバーの負荷を軽減することは、サイトなど情報提供するうえで非常に大きなメリットです。
    一旦サイト訪問で得た情報を一時的に保管しておく「キャッシュ」を使うことで、アクセス集中に対してのオリジンサーバーの負担軽減に効果が大です。
  • ページ表示速度アップ
    ページ情報が多いと表示はおのずと遅くなります。
    表示が遅いサイトは訪問者のページ離脱に繋がります。
    キャッシュサーバーを使うことで、表示速度を上げユーザーは快適にサイト閲覧が可能となります。

2-2.CDNのデメリット

メリットもあればやはりデメリットもあります。
それらはどのようなものがあるのでしょう。

  • キャッシュのため最新情報が得られない
    キャッシュには、キャッシュされる期間が存在します。
    キャッシュされている期間、オリジンサーバーへのリクエストがないので、オリジンサーバーが更新されてもキャッシュの影響で新しい情報が得られない場合があります。
  • キャッシュ事故の不安
    CDNはオリジンサーバーから情報をキャッシュしますが、その得られた情報はCDN側では編集できません。
    その為、間違った個人情報をキャッシュしてしまった場合キャッシュが切れるまで間違った情報を掲載することになるのでトラブルの原因になりかねません。
    キャッシュされるファイルはしっかり選別しましょう。

3.CDNってSEOに使える?

それでは気になるのがCDNによるSEOの効果ってあるのかどうか気になるところ。
結論から言うと、サイトのページの表示速度はGoogleの順位を決めるアルゴリズムにおいて効果的です。
表示速度の早いサイトはユーザーにとってスグに情報が引き出せるというとても有益なことであり、そういったことが評価に繋がるのでしょうね。
つまり、上記のCDNのメリット、デメリット踏まえて、CDNを取り入れることはSEO対策である、ということになりますね。

まとめ

さて、CDNについてでしたがどうでしょうか?
サーバーの負担を減らし、表示速度を上げるCDN。
確かにユーザーのモバイル化が著しい昨今においてそれらはとても有益だと思います。
さらにSEOに対して期待もできるということは、もはや我々作る側も無視できないことでしょう。
もし、アナタのサイトの表示速度に不安を感じておられる場合は一度導入を考えてみてはいかがでしょう?
サイトを良くする選択肢の一つとして、ぜひ!!