PAGE
TOP

共起語って?コンテンツSEOをお考えなら是非|株式会社market(マーケット) 大阪市 空間デザイン(ディスプレイ) グラフィックデザイン WEBデザイン

STAFF BLOG
スタッフブログ

Menu

PHIROSOPHY SERVICE PERFORMANCE NEWS BLOG COMPANY CONTACT TOP

CONTACT

514 view|

共起語って?コンテンツSEOをお考えなら是非

かよう

共起語ってみなさんはご存知でしょうか?
共起語とはあるキーワードに対して関連してよく使用される言葉の事です。
例えばキーワードが「ラーメン」とすれば、共起語は「替え玉」「バリカタ」「とんこつ」といった感じでしょうか。
美味しいラーメン屋に関する記事を書く時に無くては語れない、そんな単語を共起語といいます。

SEOにおいて、共起語を盛り込むと効果があると言われていますが、今回はそのあたりのことについてのお勉強しようと思います。

1.共起語とSEO

SEO効果も期待される共起語。
正しく理解して活用しながらコンテンツ作成することで有効であるとされています。
特定のキーワードの説明するにあたって、検索ユーザーに分かりやすくするという意味では共起語を使っての説明はとても大事なことだと思います。
確かに分かりやすいコンテンツは重宝されますもんね。

そして共起語と似た言葉で「関連語」「サジェスト」という言葉があります。
まずは「関連語」「サジェスト」について調べてみましょう。

1-1.関連語って?

前述の通り共起語とは、特定のキーワードと共にでてくる言葉です。
では関連語とはどういったものなのでしょうか?
関連語とは検索ユーザーが特定のキーワードから連想するであろう言葉のことです。
2020年12月現在Googleで「ワックス」と検索すると下部ページャーの上あたりに「ワックスに関連するキーワード」といった感じで「ワックス レディース」「ワックス 初心者」と10個ほど関連するであろうキーワードが表示されるのですが関連語とはまさにそれにあたります。
つまりこれらの関連語は、「ワックス」というキーワードで検索しているユーザーの多くが「ワックス レディース」「ワックス 初心者」など関連するキーワードコンテンツを求めているのだということが分かりますよね。

1-2.サジェストって?

サジェストとはGoogleなど検索エンジンにおける検索窓にキーワードを打ち込んだ際に表示される言葉のことをいいます。
「ワックス」と打ち込むと「ワックス おすすめ」「ワックス つけ方」みたいに下にズラッと表示されるアレです。
これらは検索される回数の多いキーワード候補が表示されます。
「ワックス」で表示されたキーワードの通り、関連語とは少し違う言葉が表示されます。

1-3.関連語とサジェストの相違点

関連語とサジェストは似ているようで意味が異なることが上記で分かります。
Googleの検索エンジンだけ見ても、このように検索ユーザーが欲しい情報まで最短で導けるような仕組みが成されています。

これらの表示される内容は特定のキーワードに対して大多数のユーザーの興味が反映されるといっても過言ではありません。
正しく理解して記事の中に盛り込み、質の高いコンテンツを作成する場合、とても役に立つのでぜひ活用したいですね。

2.共起語のすすめ!メリットについて

共起語は特定のキーワードを説明するにあたって、それらキーワードについてユーザーに分かりやすく説明するのにとても便利です。
じゃあそんな共起語は文章に盛り込むことでどんなメリットがあるのでしょうか?

  • 読みやすく分かりやすい!
    まずはこれに尽きるでしょう。
    定義としてキーワードに関連する言葉でコンテンツを作成すると、やはり読みやすくわかりやすい内容になりますよね。
    結果としてユーザーに支持されるコンテンツになりやすいといえます。
  • SEOに効果!
    サイトを運用するにあたってSEOは無視できません。
    どんなに美しいデザインで作成しても、見てもらえないということは無きに等しいのです。
    そんなGoogleに評価される基準が「専門性」・「権威性」・「信頼性」だといわれています。
    共起語を盛り込んだコンテンツは、専門性を高め、権威性を持たせ、ユーザーに信頼性を得るといったことにつながるのではないでしょうか。
  • ライターさんの構成に便利!
    対象キーワードに対して、大まかな共起語を用意しておくと記事の構成が立てやすくライターさんも記事が書きやすくなります。
    それぞれの単語をたどって検索するので、検索ユーザーのみならず執筆するライターさんにも分かりやすいコンテンツが作りやすくなるので是非盛り込みたいですね。

3.共起語の使用に気を付けたいことって?

コンテンツの質を高めるであろう共起語ですが、やはり注意する点もあります。
それら注意点について調べてみました。

  • 共起語の詰め込みすぎに注意
    共起語がSEOに効果があるからといって詰め込みすぎるとかえって順位を落としたという例もあるみたいです。
    分かりやすく質の良いコンテンツを作るのはもちろん良いことですが、共起語を詰め込むことでテーマがぶれてかえって分かりにくくなってしまうといったこともあるので注意が必要です。
  • オリジナリティの欠如に注意
    信頼性のある疑いようのないコンテンツ作りはもちろん必須です。
    共起語をつかうことで分かりやすくユーザー目線のコンテンツができる反面、似たようなコンテンツがあふれかえってしまう恐れがあります。
    どこかのアニメのごとく真実はいつも一つなわけでテーマが一緒なら同じ内容になりがちなのです。
    自分の見解を踏まえてユーザーにとって有益かつオリジナリティのある面白いコンテンツを作成する必要があります。
  • アルゴリズムの変化に注意
    Googleは常に良質なコンテンツを上位にするためにアルゴリズムをアップデートしています。
    共起語を盛り込んだ内容も、そのアルゴリズムに左右されるのです。
    必ずしも永続的に効果があるものではないということを肝に命じましょう。

まとめ

ざっと共起語について書いてみましたがどうでしょうか。
SEOということにこだわらず、良質なコンテンツを作成するにあたってユーザー目線であることは何においても大事なことでしょうね。
ユーザーが検索して欲しい情報をGETして検索行動を終わらせる、そんなコンテンツをGoogleは評価すると言われており、ともあれユーザーを満足させるものを作ることが私たちの使命であり目標にすべきなんでしょうね。
自分としては共起語を正しく理解して使用することはコンテンツの質を高めるのにとても重要であり、検索順位を上げるだけを目的とするのではなく一クリエイターとしてユーザーを喜ばせるものを作っていきたいと思ってます。
本質的にユーザーが欲しいもの、必要なものをおもしろく発信する工夫をすることが最高のコンテンツを作る秘訣ではないでしょうか。
共起語について調べてみて、ふとそんなことを考えました。